MIST.Jの日記

とある脚本家の思考日記

人気日記BLOG

【ネタバレあり】【感想】ぼくの初恋は透明になって消えた。

ご無沙汰してます。 MIST.Jです。

またも一年近くの放置……でしたが、何とか無事、生き延びておりました。

今回の記事はコレ!!

https://www.yodobashi.com/product/100000009002950257/

僕の初恋は透明になって消えた。 の感想です。(以下、Twitterの作者公式ハッシュタグ「#恋消え」にならい、本書を恋消え、と呼びます)

あらすじ たった一人の写真部に所属する高校生・石見虹郎―通称「石ころ」は、うまくクラスに馴染めず孤独な学校生活を送っていた。そんなある日、ひょんなことから知り合ったのが、クラスメイトの最上律。教室ではあまり見かけないくせに、明るく前向きな彼女と接するうちに、灰色だった石ころの世界は鮮やかに彩られていく。しかし快活に振る舞う律には、誰にも言えない秘密があって…。

作者さんは内田裕基さん。

脚本家・内田裕基のまとめ

特撮オタク的には、 ウルトラマンX第12話「虹の行く先」 ウルトラマンオーブ第20話「復讐の引き金」 のシナリオを描かれた方、でして。 今回はこの辺りのウルトラが如何にいい話だったか……という話は割愛しまして、恋消えについて語っていきますよ。

タイトルにも書きましたが、多少のネタバレを含む可能性がありますので、予めご了承ください。

まず石ころ君、君はなんて、なんて陰キャなんだ……!! その卑屈さ、主人公としてのヘタレっぷり、決意や覚悟の遅さ、間に合わなさ、裏目感…… 素晴らしい!恋愛小説の主人公としては賞賛するしかない駄目っぷりだ! 凄く、感情移入出来る、ハラハラさせられる主人公だよ君は! おかげで、三十路もとうに越したオッサンである僕が、本当に10代の頃に初恋をしていたかのような気分になった。ありもしなかった青春をくれたんだ。 感謝しかない、ありがとう……ありがとう……!

ただ、作中の主人公である石ころ君は、ある出来事から7年かけて立ち直るスタートに立てたけど、それに感情移入している僕はと言えば、7年経ってるわけじゃないので、ハッキリ言わせてもらえば「立ち直れていない」。 一言で流行りっぽく表せば「恋消えロス」だ。 消えとロスが被ってるのは些細な問題なのだ。 このロスを埋めるにはどうすればいいか。

僕は考えた。 考えに、考えた。 そして気付いた。 「もう一回、読めばいいじゃない」

そこにはまた、律がいる。 律の感情を知って、もう一度読めば、そこには何か、また違った発見があるかもしれない。 そんなわけで、もう一周、読んでみようと思うです。 今度はもっと、律を知ろう。 律の辛さを、もっと知ろう。

……でもね、客ってのは大概贅沢な生き物でしてね。 段々と文章上の存在だけでは、満足できなくなっていくんですよ。 これが所謂、漫画化とかアニメ化とか実写化を望む声ってやつです。 律ってどんな顔なんだろ?声なんだろ? 実際に動く律が観たい! 律にからかわれたい! 律に引っ張り回されたい! 律を視覚で、聴覚で、感じたいんだ、僕は!

と、思ってしまう僕みたいなタイプのファンの性。 将来的にどう展開されるかはわかりませんが、いちファンの声として、ここに記録する次第。 個人的には劇場アニメで、最小限の脚色で観たい。(映画的にするなら、走る主人公と恋の鞘当てくらいはやむなしとは思います)

次回更新は未定ですが、以上、生存報告でした。

人気日記BLOG