MIST.Jの日記

アラサー発達障害持ちSEのぐだーっとした日記

人気日記BLOG

大学時代のジーパンが履けるようになった

当時のウエストは、多分60センチくらい。

何しろ、コレが巻けたくらいだったから。

仮面ライダーキバ 変身ベルト&フエッスル DXキバットベルト

仮面ライダーキバ 変身ベルト&フエッスル DXキバットベルト

子供用。

それが社会人になってからなんのかんのとブクブク肥え始め、一時期は90センチまで膨らんでいた。

90センチってヤバイ。

何しろ、通販番組のダイエットグッズ紹介で言われていたのが「85センチ、酷いビールっ腹も、このグッズで云々」である。

じゃあ僕はどうなっちゃうんだ!?

と、思い、一念発起してダイエットを決意。

体重も、社会人生活1年で50kg→70kgに増えていたし。

とは言え、そこまで鉄の意志を持っているわけじゃない僕は、何度かの浮き沈みを繰り返した。

炭水化物を抜いてみたり、

低炭水化物ダイエット―ごはん、パン、パスタ…やめられない、やせられない人へ

低炭水化物ダイエット―ごはん、パン、パスタ…やめられない、やせられない人へ

昼食を干し芋に変えてみたり、

夜に何駅分か歩いてみたり、

お腹につける電極のやつを試してみたり。

効果が出たものもあったし、正直意味があったのかわからないものもあった。

厳密には、単一の手段を試すわけじゃなくて、幾つかを並行して試した。

何しろ僕は、「どのダイエット法がよく効くかを検証」したいわけじゃない。

「健康を崩さずに痩せられればなんでも良い」のだ。

この健康ってのがなかなか大事。

単に数字を落としたいだけなら簡単で、食事をカロリー計算すれば、簡単に体重は落ちるんだよね。

人間には1日の基礎代謝ってやつがあるので、これを調べる。

あとはこれを下回るように1日の食事をとれば、その範囲内なら基本的には何を食べても構わない。

ただ、これだけだと、栄養が偏ったりして、健康を損ねる。

そこで、次回に続く。

人気日記BLOG